私がアルゼンチンで本当に死を覚悟した瞬間

アルゼンチンについて

こんにちは、MICAELです。

本日は私がアルゼンチンにいたときに本当に起きた事件について書いていこうと思います。

アルゼンチンはあまり治安はよくないのですが、気おつければそんなに危なくないです。

私が死を覚悟したストーリー

Resultado de imagen de 暗い場所

ある日私は、友達と二人で釣りに行きました。
ナマズを二匹釣って友達とテンションは高めでしてた(笑)
そろそろ日が暮れたので帰ることになりました。その日は実家に帰るには遠かったので友達の家に泊まることにしました。
友達の家までは電車で30分でした。
駅から歩くには暗くて夜だったので危ないので友達のお父さんに向かいに来てもらう予定でした。
まだ友達のお父さんが来なかったので友達がいつも待ってる場所で待つことにしました。
私はその地域(buenos・aires州lanus市)は結構危ないと聞いていたので少し不安でした。
しかも友達と待ってた場所がかなり暗い場所で人も少なかったです。上記の写真みたいな感じでした

ここで事件が起きました!!!

男2人と女1人が私達の前に現れてたのです。
その3人組は私達に、”よう、友達、時間を教えてくれないかい?”と言われました(アルゼンチンではよく使われる手口です。そういって携帯を出した瞬間に盗みます)
私達はその手口を知ってたので携帯を出さないでいました。

そういって断ったら、その3人組は銃を見せてきて”早く携帯出さないと殺すよ”と言われました。

Resultado de imagen de 銃を頭に突きつけ付けられる
*こんな感じでした


私は実際にこういうシチュエーションにあったことはなかったので固まりました。

友達は意外と冷静でしたので携帯と財布を渡してました。それをみて私もとにかく携帯と財布を3人組に渡しました。

そうしたら運よく3人組は銃をしまい逃げてくれました。
私は本当にこんなことがあるんだと固まってしまいました。
しかも、盗まれた携帯は買って一ヵ月の物でした。

本当にショックで周りが見えなかったです。

アルゼンチンや南米で気を付けること

南米では本当に危ない地域では、気を付けないといけないので、気を付けた方がいいことを書いときます。

  • とにかく夜はできるだけ外を歩くのを避ける
  • 1人では絶対に歩かない
  • 携帯は出来るだけ外では使わない
  • お金をあまり持ち歩かない
  • もし運悪く泥棒に出会ってしまったらとにかく言うことを聞く
  • 泥棒などには抵抗はしない(銃やナイフを持ってることが多いです)(コロンビアでは日本人が抵抗して殺されました)

最後に

今日は私がアルゼンチンで一番怖かったことについて書きました。

本当にショックでたまらなかったです。でも今ではいい経験になりました。

アルゼンチンは気を付ければ本当にいい国ですので是非行ってみてください(笑)

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました