アルゼンチンの郷土料理アサード(ASADO)

アルゼンチンについて

アサードって何?

アサードとは スペイン語で「焼かれたもの」を意味します。

味付けは基本的に岩塩だけであり、シュラスコのように火が立つ炭火で炙るように焼くのとは違い、火も弱まった熾火の熱で部位そのままのブロック肉、チョリソ、モルシージャ(ブラッドソーセージ)、チンチュリン(ホルモン)、鳥などを燻すように焼くため焼き上がりまで2時間強程の長時間を要します。焼きあがったらそのまま肉を机に運んで食べる感じです。

アサードはアルゼンチン人が週に一回は食べる料理と言ってもおかしくないと思うほどアルゼンチンでは食べられています。主に友達や家族などの集まりでよく食べられています。

誕生日やお祝い事があるときは必ずと言ってもいいほどにアサードを食べます。

アサードに入っている肉の種類

asado(骨付き牛リブ)

アサードの中で一番人気で定番な部位です。私的には一番好きです。骨と骨の間にある肉は柔らかくてたまらないです。

vacio(トモバラ、カルビ)


この部位もアサードでは人気な部位です。日本ではカルビというと脂肪が多いですがアルゼンチンでは脂肪はほぼカットされていて赤身の肉になっています。vacioは時間をかけて焼くことですごい柔らかくて美味しいです。

chorizo( 牛肉を使った極太の粗挽きソーセージ )

チョリソーという単語を聞くと多くの方は辛いソーセージを思い浮かべるでしょう。でも、それは単なるメキシコ式のチョリソーなんです 。

日本のソーセージは皮が薄くて柔らかめですが、アルゼンチンチョリソは、中はジューシーで皮はパリパリで凄いボリュームがあります。

チョリソもアサードの中では必要不可欠になっています。

morcilla(ブラットソーセージ)

日本ではあんまり見ることのないソーセージかなと思います。中に入ってるのは名前の通り血です。少し食べるのに抵抗があるかもしれないですね。

味については外の皮はパリパリで中は柔らかめで濃厚です。

モルシージャはかなり人によって好き嫌いが分かれると思います。ちなみに私は好きです(笑) 是非食べる機会があったら食べてみてください。

chinchulin(ホルモン)

Resultado de imagen de chinchulin

日本でホルモンと聞くと脂がのって少し柔らかいのを想像すると思いますけど、アルゼンチンのホルモンはの外側はパリパリしていて、内側は脂の柔らかい感じです。

matambre a la pizza(牛バラ肉にピザのトッピングをした感じです)

牛バラ肉のステーキ用のお肉をそのまま焼いて上からピザのトッピングをした料理です。本当に柔らかくてチーズもすごいマッチして美味しいです。

ですがあんまり普通のレストランとか自宅でアサードとかするときはあんまり見かけないです。少しレアな料理かもしれないです(笑)

pollo(鳥肉)

アルゼンチンではアサードで鳥を焼くときはほぼ丸ごと焼くことが多いです。丸ごと焼いてお皿に入れるときにはアサードで鳥をやるときはほぼ丸ごと焼くことが多いです。丸ごと焼いてお皿に入れるときにもも肉と手羽先を切って食べることにが多いです。

鶏肉も人気はありますがアルゼンチンではやっぱり牛肉の方が人気です。

chimichurri (アルゼンチンの自家製ソース)

チミチュリはアルゼンチン発祥のソース。アサードには欠かせないソースです。このソースはレストランや家庭によって多少あじが異なります。

主なレシピはパセリとニンニクのみじん切りを、塩と油と酢(オリーブオイルと白ワインビネガー)で和えたものがベースになります。

実家でやったアサード

ちらはブロック肉以外のチョリソやホルモンなどです。

こちらはメインの肉です、asadoやvacioです。

この写真は私がアルゼンチンの実家に帰った時におじさんと一緒に作ったアサードです。

だいたい2時間ぐらいかかりました。

実際のところ日本でもアサードをして食べたいのですが多分日本だとやるとこもないしお金もかなりかかると思うのでまだ作ったことはないです。

最後に

今回はアルゼンチンの郷土料理アサードについて書きました。アルゼンチンに行ったら是非食べていただきたいです。

私はもうアサードが食べたくて死にそうです。今年から日本でもアルゼンチンのお肉が輸入されるので時間があれば多摩川あたりでアサードをしようと思ってます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] アサード( 味付けは基本的に岩塩だけで火も弱まった熾火の熱で部位そのままのブロック肉を燻すように焼くため焼き上がりまで1時間強程の長時間を要する) […]

タイトルとURLをコピーしました