アルゼンチンのマテ茶

アルゼンチンについて

buenos dias(スペイン語でおはよう)!MICAELです。今日もよろしくお願いします^-^

マテ茶とは?

多分マテ茶と聞くと皆さんはこちらを思い浮かべると思います。

太陽のマテ茶は何年前かに少し流行ってましたね(笑)

ですがアルゼンチンでマテ茶と言えばこれです!!

え?なにこれ?とか思ったかたもいるかもしれないですね(笑)私も始めて飲んだ時は驚きました。実はアルゼンチンではこれが普通のマテ茶の飲み方なんです。アルゼンチンでは飲んだことないひとはいないでしょう。

これは古来から伝わる飲み方です。

グァンボというマテ茶専用の容器に、マテ茶を6分目程入れて軽く混ぜて湯冷ましの水を2分目位入れてから、ボンビージャ(マテ茶専用の金属製のストロー、先端がやや平たく、小さな穴かいくつも開いていて漉し器の役割を果たす)を差し込み、沸騰してから少しおいた湯を泡が出てくるまで注ぎ込んでちびと飲みます。何度も湯をつぎ足して、何人かで廻し飲みすることが”友情のしるし”とされています(これは日本の方にとっては少し抵抗があるかもしれないですね)。マテ茶だけだとかなり苦いので砂糖を入れることもあります。

マテ茶について

マテ茶は、アルゼンチン、ブラジル、パラグアイの国境付近でのみ生産されているハーブティーです。歴史を辿れば、パラグアイの先住民であるグァラニ族が「活力を与える不思議な木」として飲み始めたのが起源。以来、南米諸国で愛飲されてきました。

南米人というと、目に浮かぶのは健康的な明るさとメリハリのきいた美しいボディ。肉食中心の南米人は野菜が不足しがちですが、一体どのように美と健康を維持しているか気になりますよね。

その秘密の一つが、「飲むサラダ」の異名をとるマテ茶の存在。ビタミン・ミネラルや、体を若々しく保つのに欠かせない成分を多く含むマテ茶が南米人の野菜不足を補ってきたと言われ、南米の人々には欠かせない飲み物なのです。

これだけじゃよく分からないと思うので他のお茶と比べてみました。

有効成分「お茶」100cc中の成分分析表

マテ茶ウーロン茶杜仲茶
カルシウム17.1mg0.6mg2.2mg
マグネシウム13.0mg1.09mg0.59mg
亜鉛0.82ppm0.26ppm0
鉄分0.59mg0.03mg0.02mg
食物繊維0.90%00

マテ茶の 飲用効果

食欲・消化促進、滋養、疲労回復、ビタミン補給など多岐にわたるとされています。他の嗜好飲料と含有成分を比較すると、葉緑素、鉄分、カル シウム、カリウムが多く鉄と化合して腸内吸収を妨げるタンニンやカフェインのような刺激性のアルカロイドが少ない。

こうしたミネラル分が人間の筋肉、消化器系、神経系、泌尿器などへの生理作用に良い結果をもたらすものと考えられています。

マテはいつ飲むの?

アルゼンチンではマテはほぼ一年中飲みます。友達や家族で家に集まって話しながら甘いお菓子をつまみながら飲んだり、公園でピクニックしながらのんだりといろいろです。

ですがマテはお湯で飲むと説明したと思うんですけどやはり夏になるとお湯で飲むのは少しきついかなあと思います。

そこでテレレという飲み方があります。

*こんな感じです

テレレとはパラグアイで生まれた飲み物です。テレレはほぼマテと一緒ですがお湯ではなくて代わりにお水を入れて飲みます。

パラグアイでは水を入れて飲むみたいですが、アルゼンチンではオレンジジュースを入れて飲むことが多いです。夏はギンギンに冷えたテレレを飲むのが最高です。

最後に

今日はアルゼンチンでは伝統的な飲み物マテについて書きました。私は実を言うとあんまりマテは好きじゃないです(笑)なので私はいつもテレレを飲むことが多いです。

日本でもたまに飲むのですがテレレは結構いろいろな飲み物と合わせても美味しいですね。ちなみに自分はカルピスで飲んでます。

これは私が持ってるマテの容器です。アルゼンチンでは一人一セット持ってるのが普通です。

最後までみて頂きありがとうございました。

コメント

  1. […] マテ茶 […]

タイトルとURLをコピーしました